ぽつこん主婦は真人間になる夢を見る

主婦になって2年目のぐうたら主婦は、真人間になることができるのか。

料理がきらい

とりあえず、今の家事状況までを記載することにします。

 

ポツコンな主婦にょなは、初めからぐうたらだったわけでもなく。

結婚当初は、フルタイムで働いていたのです。

結婚してすぐにぶつかった家事の壁は、ご飯を作るのがメンドクサイ!でした。

 

ウチの旦那(今後Mrダンと呼ぶことにします)は、それほど食べ物にうるさくなく、なんでもウマイウマイと食べます。

肉を焼いただけのものが一番好きみたいです。

 

で、私はお惣菜が嫌い。というか、一日ならいいけど味が濃くてあきてしまうのですね。

デパ地下のおしゃれ惣菜なら、きっと毎日食べても飽きないかもしれないけど、お財布が苦しいですもの、無理だよね。おセレブになりたいもんだよ。のほほほほ。

 

少しでも面倒でないように、と考えてまず手をつけたのが

 

  1. 調味料の入れ物を考えること
  2. 好みのキッチンツールを揃えること
  3. 洗い物が楽になるように考えること

 

以上、三つでした。それからまた、いかに手を抜くかを考えているんですけど。

まず、調味料の入れものを考える事から始まるという、レベルの低さ(笑

 

そもそもMrダンは、らぁめんを作る、カット野菜と肉を炒める、以上。

くらいしか料理をしません。

にょなも、実家だったもんで、ろくな入れ物もツールもなかったわけです。それで、とりあえず百均とかでテキトーに揃えたわけですけど。

 

つかい辛い!!!!

 

もう時間が戻らないけど、戻れるなら。

絶対買うな!考えろ!

と、自分の頭をブンブン振ってお説教したい。

100均で買っても、全部買いかえるとなると、結構な無駄金になりました。

専業主婦の今なら、ケチるレベル。 

 

まず別の記事で、調味料の容器から説明しますね。

 続く です。